データで知る|貯金いくら? 20代の平均貯蓄額と中央値

こんにちは!
森文子(もりふみこ)です。

データで知るシリーズです!


ここでは、
お金に関する様々なデータをご覧いただき、
知識をつけ現状を理解したうえで、
その先の行動へと繋げていただくことを
目的としております。

今日のテーマ

「貯金いくら? 20代の平均貯蓄額と中央値」


— 今回のデータ —
金融広報中央委員会
「令和3年 家計の金融行動に関する世論調査 [二人以上世帯調査] 」

では、早速いってみましょう!!

20代の貯蓄額! 平均値は344万円、中央値は201万円

出典:金融広報中央委員会「令和3年(2021年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」


こちらのグラフは、
20代で金融資産を保有している人たちは、
いくらぐらいお金を貯めているのか?
を示したものです。


今回のデータでは、
・20代の貯蓄額の平均値は344万円
・20代の貯蓄額の中央値は201万円
という結果でした。



お住まいの地域や生活スタイルの違いで、
人それぞれ必要な貯蓄額は違います。

統計は参考程度にして、
「自分はどうしたいのか?」
を考えるキッカケになればと思います。


ちなみに、
ここでいう「金融資産」とは、
「将来に備えているお金」のことを指します。

事業資産や土地建物などの現物資産、
日常的な出し入れに備える現預金は除かれます。

生活費として日々利用している
普通預金などの残高は含まれないということです。


平均値と中央値の違いは、
こちらの記事をご覧くださいね。

次に、このグラフを
もう少し詳しくみていきたいと思います。

貯金をしている20代の約5人に1人は…

出典:金融広報中央委員会「令和3年(2021年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」

最頻値は100万円未満で22.4%。
5人に1人は貯金額が100万円未満だとわかります。

続いて100~200万円未満が19.6%という結果。
ここまでで42%を占めていますね。

200~300万円未満の13.1%を含めると、
半数以上(55.1%)の人が
貯金額が300万円未満だという結果です。


一方で、このグラフからは
「金融資産が3,000万円以上ある」
というツワモノが0.9%。
およそ100人に1人の割合でいることもわかりますね。


同じグラフを違う角度から見てみると
もう少し面白いことがわかります。

▼こちらをご覧ください。

出典:金融広報中央委員会「令和3年(2021年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」

さっきと同じグラフですよ!

このようにみると、貯金をしている人のうち、
5人に1人は500万円以上を貯めていることがわかります。

20代でも、貯める人は貯めている
ということがわかりますね。


これまで見てきたグラフは、
金融資産を保有している人のみです。

では逆に、
20代で金融資産を保有していない人は、
いったいどのくらいの割合でいるのでしょう。

次のグラフを見てみましょう。

20代の約3人に1人は貯金がない!

出典:金融広報中央委員会「令和3年(2021年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」


データによると、20代の37.1%の方が
「金融資産を保有していない」という結果。

20代が2~3人集まれば、
そのうち1人は貯金ゼロということですね。


「あ、意外とみんな貯金してないな♪」なんて
安心するのは早計です。

62.9%は「金融資産を保有している」のです。
半数以上の方は貯金しているというのも事実!

そして、貯金をしている人のうち、
5人に1人は500万円以上貯めているのですよ。

これが現実。
地に足つけてまいりましょう。

FP森文子(もりふみこ)からのメッセージ

働いてお金を稼ぎだしたら、
「貯蓄を習慣化」しましょう。

お金を貯めるときは、
目標があったほうが貯まりやすいです。

だけど20代はまだ
「結婚」「住宅取得」「老後」なんて言っても、
なんだかまだ先のことすぎて・・
正直、実感わかないと思います。

まずは生活防衛資金を目標に貯めてみましょう。
年収の3分の1から半分程度を準備できると安心です。

急に仕事を失ったときでも、数か月分の備えがあれば
余裕をもって生活を立て直すことができるからです。

お友達と旅行に行く資金や、
欲しいバッグを買うためのお金とは別に、
コツコツと積立を始めてみませんか。

毎月5,000円でも10,000円でも構いません。
とにかく中断しないこと。コツコツ継続することが大切です。

ここで貯蓄の習慣化ができれば、
あとがラクになります。

頑張って!!!